自動車業界クイズ 自動車業界の目指す方向性

クイズ

日本が世界をリードしている産業と言えば、

自動車です。

 

現在は100年に1度の変革期と言われています。

しかし、実際にどのような取り組みがされているのかわからない

という人が多いと思います。

 

そんな人のために、

自動車業界キーワードクイズをつくりました。

 

今後、自動車がどのように変わっていくのか

気になる人はぜひやってみてください。

 

 

第1問 MaaSとは?

 

 

答え

Mobility as a Serviceの略

 

A地点からB地点まで行くのに、電車、飛行機、バスを使うとしましょう。

すると、それぞれで予約して、それぞれで支払いをしなければなりません。

それは面倒くさいですよね。

 

その面倒なことをしなくてよくなるのがMaaSです。

いくつかの交通機関の予約、支払いを一括でできるようにして、

さらに、最適な移動手段を提案してくれるというサービスです。

移動手段の中には公共交通機関だけでなく、

カーシェアなども含まれています。

 

 

第2問 CASEとは?

 

 

答え

C Connected:コネクティッド化

A  Autonomous:自動運転化

S  Shared/Service:シェア/サービス化

E  Electric:電動化

 

これらの頭文字をとったもので、

今後の自動車業界の方向性を具体化したものです。

自動車メーカーは自動車を製造・販売する会社から、

クルマを移動するための手段としてサービスを提供する会社に変わります。

それを支えるのが

コネクテッド化、自動運転、電動化です。

 

それぞれについてもっと知りたい方は、ぜひ調べてみてください。

 

 

第3問 TNGAとは?

 

 

答え

トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャーの頭文字をとったもので、

トヨタの次世代プラットフォームのことです。

プラットフォームの名称そのものを指す訳ではなく、プラットフォームを根幹とした車両作りの開発方針・開発手法です。

 

5つの取り組み

・商品力向上

感性に訴えるクルマとなるように、クルマを骨格から変えていく。

 

・開発効率化

複数車種の同時開発を行う「グルーピング開発」により、部品・ユニットの共用化により、

開発の効率化を推進する。

 

・ものづくり改革

仕入先と調達・生産技術・技術の各部門が四位一体の活動により、よりつくりやすく、よりシンプルな、部品・ユニットの構造を実現する。

 

・グローバル標準への取り組み

トヨタ専用だけでなく、多数の自動車メーカーがグローバルに採用している標準部品も採用できるよう、グローバル標準規格に対応する。

 

・調達戦略

「グルーピング開発」による部品・ユニットの共用化に対応し、複数の車種をまとめて、グローバルに、車種・地域・時間をまたいだ「まとめ発注」を行う。

 

複数の車種で同じ部品やユニットを共有し、コストを削減する。

そして、そのコストでもっといいクルマの開発を行うということです。

 

これも興味のある方はもっと詳しく調べてください。

 

 

 

まとめ

 

自動車業界が目指す方向性について、少しはわかりましたか?

MaaS、CASE、TNGAの3つのキーワードは重要です。

生きていれば嫌でも関わることになります。

 

しかし、これは現在の方向性であって、

これからどう変化していくかはわかりません

自動車業界に限らず、

常に新しい情報を収集することが大切です。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました