自分の部屋で集中して勉強する方法

勉強法

こんにちは!

 

今回は自分の部屋で集中して勉強できる方法の紹介です。

 

前回どこで勉強するのがいいの?  集中できる勉強場所という記事で、

勉強する場所について紹介しました。

 

しかし、塾もいってないし、毎回カフェに行く金はないし、

「自分の部屋で勉強するしかねーよ」

っていう人もいますよね。

 

安心してください。

そんなあなたのために、

自分の部屋で集中して勉強するためのコツを紹介します。

 

 

 

自分の部屋で集中するためのポイント

・スペースを区切る

・やることを3つに絞る

・鏡を置く

 

この3つのポイントを守れば大丈夫です。

今までダラダラしてしまっていた人も、

今日からスパっと勉強モードに切り替えられるようになりましょう!

 

 

スペースを区切る

まず、やることは部屋のスペースを区切ることです。

 

自分の部屋を、

集中する場所、寝る場所、ダラダラする場所

に分けてください。

 

区切ったら、

 

集中する場所   → 集中して作業するときだけ使う

寝る場所     → 寝るときだけ使う

ダラダラする場所 → ダラダラするときだけ使う

 

という感じで、決めたこと以外にはそのスペースを使わないでください

 

場所と行動が一致すれば、

体が勝手に集中モードとリラックスモードを

切り替えられるようになります

 

 

やることを3つに絞る

みなさん勉強机を持っていると思います。

では、その勉強机でやることを3つに絞りましょう。

ex

勉強 読書 執筆活動

 

3つ決めたらそれ以外はしないでください。

先ほどのスペースを区切ると同じく、

勉強机の前に来るだけで、

体が勝手に集中モードに入ります

 

念のために言っておきますが、

3つのうちにスマホやゲームを入れたらだめですよ。

 

 

鏡を置く

自分の部屋で集中できない最大の理由は

監視されていないことです。

 

監視する人が誰もいないなら、

自分で自分を監視しましょう!

 

自分で自分を監視するには

鏡を机に置くだけでOKです。

人間は鏡に自分の姿が映るだけで、

自制心が働きます。

 

鏡の前ではカッコよく映ろうとするのと同じです。

 

メチャクチャ簡単にできるので、

ぜひ取り入れてみてください。

 

 

まとめ

自分の部屋で集中するためのポイント

・スペースを区切る

・やることを3つに絞る

・鏡を置く

 

「スペースを区切る」や「3つに絞る」は実践しても、

慣れるまでに時間がかかり、それまではストレスがかかるかもしれません。

しかし、効果は大きいので、そのストレスは成長している証だと思ってガンバってください。

鏡は置くだけで効果があるので、今すぐにでも始めてください。

 

誰しもが自分の部屋で勉強する機会があると思います。

そんなときはこの3つのポイントを守って、

集中力して勉強に取り組みましょう!

 

ちなみに、以前に

勉強部屋の片付け方法

という記事を書いています。

集中できる部屋づくりの参考にしてください。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました