一次方程式を解く手順 その2

学校の勉強

こんにちは!

 

方程式を解く手順その2ということで、

その1の続きをやっていきましょう。

先に、方程式を解く手順その1を読んでください。

一次方程式を解く手順

 

方程式を解く手順(復習)

1.分数、少数をなくす。

2.(カッコ)を外す。

3.移行する。

4.〇=△の形にする。

 

前回は1、2のポイントを紹介したので、

3,4をやっていきます。

 

3.移行のポイント

・=をまたいだら、符号を変える

 

 

✕な例

 

 

・求めたい文字の項を左側、それ以外を右側にする。

 

文字が2種類以上あるとき

文字を左、数字を右と覚えていると、

文字が2種類出てきたときに迷ってしまいます。

2種類以上の文字が出てきたときには、

自分が求めたい文字1つだけを左側、それ以外を右側にしましょう。

 

 

OKですか?

文字が2種類以上でてきても焦らないでください。

 

 

4.〇=△の形にするときのポイント

・求めたい文字の係数の逆数を両辺に掛ける

ここまでこれば、ほぼ解けたも同然です。

求めたい文字の係数の逆数を両辺に掛ければOKです。

 

 

 

 

まとめ

1.分数、少数をなくす。

2.(カッコ)を外す。

3.移行する。

4.〇=△の形にする。

 

 

以上、一次方程式を解く手順とポイントでした。

何度も言いますが、方程式は超重要なので、しっかりマスターしましょう!

 

手順は単純です。

どんなに複雑な方程式でも、シンプルに考えれば解けます。

難しい計算を一気にやろうとしてはいけません。

難しいと感じた時ほど、初心に帰って丁寧に行ってください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました