作用反作用の法則 運動の第3法則

学校の勉強

 

 

こんにちは!

 

ニュートンが提示した運動の3法則があります。

「慣性の法則」「運動方程式」「作用反作用の法則」

の3つです。

今回は「作用反作用の法則」について見ていきましょう。

 

 

作用反作用

物体Aが物体Bに力を及ぼすと、物体Bも物体Aに力を及ぼします。

一方を作用、他方を反作用と言います。

この作用と反作用には以下の法則が成立します。

 

作用反作用の法則

2つの物体が互いに及ぼし合う作用と反作用は

➀同一線上

➁大きさは等しい

➂互いに逆向き

である。

 

自分が壁を押しているときは、

実は壁からも押されているのです。

 

作用反作用は日常でも感じることがあるので、

わかりやすいかと思います。

 

 

身近な例

身近な例を見てみましょう。

自分と友達がスケートボードに乗っているところを

想像してください。

自分が相手を押しました。

 

 

すると…

相手だけでなく自分も動きます。

これは、自分が相手を押した(作用した)のですが、

相手からも押されている(反作用している)のです。

 

 

まとめ

作用反作用

物体Aが物体Bに力を及ぼすと、物体Bも物体Aに力を及ぼす。

 

作用反作用の法則

2つの物体が互いに及ぼし合う作用と反作用は

➀同一線上

➁大きさは等しい

➂互いに逆向き

である。

 

今回は作用反作用について紹介しました。

身近に起こるのでイメージしやすいと思います。

この法則も超重要なのでしっかりとマスターしてください。

タイトルとURLをコピーしました