慣性の法則 (力学の第1法則)

学校の勉強

こんにちは!

 

ニュートンが提示した運動の3法則があります。

「慣性の法則」「運動方程式」「作用反作用の法則」

の3つです。

今回は第1法則である「慣性の法則」について紹介します。

 

慣性の法則

慣性の法則

力が加わらない時、物体は静止または直線運動を続けるという法則

 

これだけのことですが、しっかり覚えてください。

この法則はガリレオが考えた法則です。

上の図のような斜面の実験を行ったと言われています。

 

 

身近な例

ダルマ落とし

黄色の積木を叩いても、他の積木は動きません。

叩いた積木以外には力が働いておらず、静止状態を保ちます

 

慣性系と非慣性系

慣性系  慣性の法則が成立する

非慣性系 慣性の法則が成立しない

 

慣性系と非慣性系は上記のような区別がされます。

言葉ではわかりづらいので、例を見てみましょう。

 

 

 

バスの中にボールがあります。

バスが静止した状態から、出発したとしましょう。

すると…

バスの外にいるAさんから見ると、ボールは止まって見えます。

バスの中にいるBさんから見ると、ボールは動いて見えます。

実際は、ボール自体に力は働いていないので、

ボールは静止し続けます。(慣性の法則)

 

慣性の法則が成立しているAさんは慣性系の座標系

慣性の法則が成立していないBさんは非慣性系座標系

となります。

(座標系という言葉はについては別の機会に伝えます。)

 

まとめ

慣性の法則

力が加わらない時、物体は静止または直線運動を続ける法則

 

慣性の法則は力学の法則のうちの1つです。

絶対に覚えてください。

 

慣性系非慣性系の違いについてはわかりましたか?

なかなか理解するのが難しいと思います。

わからない人は、「見る人の立場によって見え方は変わる」ということだけでも

覚えておいてください。

 

今回紹介した慣性の法則は力学の基本です。

これからもずっと使っていくので、しっかり身に着けてください。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました