分数の割り算をひっくり返す理由

中1

「なぜ分数の割り算はひっくり返して掛け算にするのか?」
答えられますか?

答えられない人もいますよね
また、なぜひっくり返すのかわからず、
ずっとモヤモヤしていた人もいると思います

今回はそのモヤモヤを解消しましょう!

割り算の性質

分数の割り算はなぜひっくり返すのかを考える準備として、
割り算の2つの性質について確認します

性質1 「1」で割っても、割られる数はそのまま

f:id:Kdoala1994:20190418213342p:plain

f:id:Kdoala1994:20190418213453p:plain

性質2 割られる数と割る数に「同じ数」を掛けても答えは同じ

f:id:Kdoala1994:20190418213751p:plain

f:id:Kdoala1994:20190418214003p:plain

割り算にはこのような性質があります
この2つの性質を利用して、
なぜ分数の割り算はひっくり返すのかをみていきます

ひっくり返す理由

それでは、本題の「なぜ分数の割り算はひっくり返すのか」です
例題をもとに進めていきます

例題

f:id:Kdoala1994:20190418215723p:plain

このようになります
これをショートカットして、

f:id:Kdoala1994:20190418215815p:plain

のようになっていたのです
わかりましたか?
だいぶショートカットされていましたね

 

まとめ

「なぜ分数の割り算はひっくり返すのか」についてでした
正直なところ、理解していなくても計算はできます
しかし、なぜそうなるかを理解すると、応用が利くというメリットがあります

私たちは社会に出てからも、「なぜ?」を常に考えていかなければなりません
今回の分数の計算のような些細なことでも、
「なぜ?」という疑問を持つ心を大切にしてください

 

タイトルとURLをコピーしました