単位と計算 練習問題

中1

f:id:Kdoala1994:20190331001741p:plain

こんにちは!

単位と計算の関係では、単位と計算の関係について、考えてきました。

今回は、練習問題を解いて理解を深めていきましょう。

 

 

練習問題➀

リンゴが2つ入った箱があります。

その箱が2箱あります。

リンゴは全部でいくつあるでしょうか?

 

 

解答

図で示すとこんな感じになります。

f:id:Kdoala1994:20190409211543p:plain

みなさんできましたか?

ここで、単位に注目してみましょう。

f:id:Kdoala1994:20190409212018p:plain

このように計算されています。

単位も数字の計算と同じように変化しています

この単位と計算の関係を忘れないでください。

ちなみに、

「個/箱」という単位は「1箱当たりの個数」という意味です。

 

 

練習問題➁

リンゴが6個あります。

このリンゴを2つの箱に分けます。

1箱にリンゴがいくつ入るでしょうか?

 

 

解答

 図で示すとこんな感じです。

f:id:Kdoala1994:20190409212727p:plain

みなさんできましたか?

では、ここでも単位について考えてみましょう。

f:id:Kdoala1994:20190409213049p:plain

こちらも、単位が数字の計算と同じように変化していますね。

 

 

まとめ

今回は練習問題を通して、単位と計算の関係を見てみました。

単位も数字と同じように計算されるということが、

わかっていただけたでしょうか?

この考え方は、「距離、時間、速さ」「質量、体積、密度」など、

様々な場面で使います。

特に、高校生は「molの計算」でも必要となってきます。

苦手な方はぜひ覚えておいてください。

参考になればうれしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました