負の数を使った表現

負の数を使った表現について考えてみます。

さっそくですが、
このような表現を見たことがありますか?

体重-10kg

TVやCMでよく見る表現ですね。

-10という負の数があります。

ここで、
「体重-10kg」という表現について考えてみましょう。

 

–10kgとは?

「体重-10kg」を、もう少し詳しく表すと、
「体重が-10kg増えた」と言えます。
言い換えると、
「体重が10kg減った」ということです。

ここで注目したいのが、

-10kg増えた=10kg減った

と表せることです。

このように負の数を使うことで、
反対の意味を表せるのです。

 

今回は以上です。
ぜひこの考え方を理解しておいてください。
これは、負の数の足し算、引き算をする上で、
役立つ考え方となります。

最後に確認問題を載せておきます。
理解できたか確認してみてください。

 

 

練習問題

問題

例) -10kg増えた → 10kg減った

1) 100円減った → ?

2) -5を足す     → ?

3) -2を引く        → ?

 

解答

1)-100円増えた 2)5を引く 3) 2を足す

タイトルとURLをコピーしました